スマートフォン版へ

【京都新聞杯】ロジャーバローズ陣営「今度はしっかりと自分の力を出してくれるのでは」/ねぇさんのトレセン密着

  • 2019年05月03日(金) 19時30分
 先週のように3日間開催があると全休日が通常の月曜から火曜にかわるため、調教のスケジュールには若干のイレギュラーが生じます。ロジャーバローズは土曜日の重賞へ向かうということで「月曜にCWでしっかり追い切ったので、今週は木曜日に微調整程度」(辻野助手)ということで、坂路で併せ馬というメニューでした。といっても、馬なりで55.4-12.7で駆け上がり、追走したグローブシアターにゴール前先着しています。出来てますね!

 今回の競馬での課題はレース中のテンションの高さです。前走のスプリングSではレース直前のゲート裏付近でかなり気持ちが昂ってしまった影響が悪いほうに出てしまったようです。

「これまではパドックで気持ちが入ることはあってもそれほどテンションが上がりすぎることはなかったのですが、前走のスプリングSはレース前にテンションが上がってしまって本来の力を出し切れなかったです」

 普段はそんなにイライラするところも見せない馬なのですが、「前走に限っては少しだけイライラしているようなそぶりがみられた」とのこと。こういったことがいい方に向く馬もいれば、そうでない馬もいます。難しいところですね。

「今回は近場の京都で(直線で)坂はないですしね。今のところ、仕草を見ていても前走よりイライラしているところはないので、今度はしっかりと自分の力を出してくれるのではないかと思っています」(辻野助手)

(取材・文:花岡貴子)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す