スマートフォン版へ

【ヴィクトリアマイル】若き天才レーン 頂点狙う ルメール代役で3週連続G1参戦

  • 2019年05月10日(金) 09時00分
 「ヴィクトリアマイル・G1」(12日、東京)

 “豪州の若き天才ジョッキー”。そんな触れ込みはホンモノだった。ダミアン・レーン騎手(25)は、来日1週目から名刺代わりとばかりに、新潟大賞典メールドグラース)を含む5勝をマーク。先週のNHKマイルCではJRA・G1初騎乗も果たした。今週からは3週連続で、騎乗停止となったルメールの代役としてG1に参戦。いずれも有力馬とあって、その存在が大きく注目されることは必至だ。

 先週のNHKマイルCグルーヴィットに騎乗。4番人気で10着と敗れたものの、日本でのG1初騎乗を終えたレーンは「楽しかった。非常にファンが多く気持ちも熱いので、雰囲気がすごく良かった」と振り返る。

 09年にデビュー。14年に祖国オーストラリアのクラークチャリティーCでG1初制覇を飾った。17年には日本から移籍したトーセンスターダムをG1・2勝(トゥーラックH、エミレーツS)へ導くなど、積み上げたG1勝利数は15に到達した。

 そんな“若き天才”に、思わぬチャンスが舞い込んだ。NHKマイルCグランアレグリアで挑んだルメールが騎乗停止に-。今後のG1で数多くの有力馬の騎乗依頼を受けていただけに、競馬界には衝撃が走った。そんななかで今週はノームコア、来週のオークスコントラチェック、さらに2週後のダービーでは、2冠が懸かる皐月賞サートゥルナーリアへの代役騎乗依頼を受けたのだ。

 さすがに「ルメール騎手の騎乗停止は、彼にとって残念な結果ですが…」と前置きしながらも、「オーナーや関係者から依頼が来たことには、非常に感謝しています」と周囲の期待に応える構えだ。

 G1連戦の舞台となる府中に、「フェアなコースでいい競馬場」と好印象を抱く。代役から主役へ。立場が変わる時間は、そう必要ないだろう。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す