スマートフォン版へ

【ヴィクトリアマイル予想】得意距離&コースの◎ラッキーライラック、巻き返しに期待/JRAレース展望

  • 2019年05月12日(日) 07時00分
 2006年の創設以来、春シーズンにおける4歳以上牝馬の最大目標レースとして行われている定量戦。まだ歴史は浅いものの過去の勝ち馬にはウオッカブエナビスタアパパネなどが名を連ねている。

 過去10年間では阪神牝馬ステークスステップレースに挑んできた馬が4勝2着4回3着3回と他を圧しているが、ドバイ帰りの初戦も2勝2着1回と健闘。定量のGI戦だけに「格」を重視したいレースだ。1〜3番人気馬は4勝2着4回3着3回。1番人気は3勝2着3回と堅調だ。

 一昨年の最優秀2歳牝馬でマイル戦はアルテミスステークス阪神ジュベナイルフィリーズチューリップ賞優勝含め6戦4勝2着1回の◎ラッキーライラックを狙う。前々走の中山記念ではハイラップの流れを自ら捕まえに行って2着と高い能力を示した。3コーナーで致命的な不利を受けてリズムを崩した前走は参考外。重賞勝ちを経験している距離とコースで巻き返しに期待したい。

 この舞台で牡馬を相手にNHKマイルカップに勝ち、安田記念2着◯アエロリットが強敵になる。米国遠征帰りの1戦という部分でやや評価を下げたが実績は最上位だ。仮柵を設けたBコース1週目で、この馬のスピードがいきる。

 逃げ、先行馬が多い組み合わせになり、タフな流れになったときに台頭してきそうなのが▲プリモシーンディープインパクト産駒のA級マイラーらしい瞬発力の持ち主で、斤量に恵まれたとはいえ同じ左回りのマイル戦、関屋記念では目の覚めるような末脚を披露した。同じく左回りのマイル戦を得意とする△レッドオルガ東京新聞杯2着で、前走の阪神牝馬Sは7着とはいえ勝ち馬とはコンマ1秒差と差のない競馬をしている。

 一昨年の2着馬△デンコウアンジュ、はまったときの△ソウルスターリング、△ワントゥワン、△サトノワルキューレなど伏兵も多く難解な1戦だ。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す