スマートフォン版へ

【川崎マイラーズ】重賞ウィナー11頭が激突 過去には年度代表馬ソルテなどが優勝/地方競馬見どころ

  • 2019年05月15日(水) 12時31分
 本日15日に川崎競馬場で行われる川崎マイラーズ(3歳上・ダ1600m・1着賞金1400万円・発走時間20:10)に重賞ウィナー11頭を含む14頭が出走する。過去には2016年のNARグランプリ年度代表馬ソルテ、2014年の最優秀短距離馬サトノタイガーらが本レースを制している。

 キャプテンキング(牡5、大井・的場直之厩舎)は、昨年12月のゴールドカップからフジノウェーブ記念、前走のブリリアントカップと、いずれも今回と同じ58kgの斤量を背負って重賞3連勝中。今回が初の川崎コースとなるものの、左回りでの実績もあり問題ないだろう。連勝街道を突き進めるか。

 同じく目下3連勝中のベンテンコゾウ(牡5、船橋・川島正一厩舎)は、船橋に再転入後、これが初の重賞出走となる。これまでに岩手と門別で重賞7勝の実績があり、前走柏の葉オープンではヒガシウィルウィンを退けている。初の南関東重賞となるここでも通用するだろう。鞍上は御神本訓史騎手

 昨年の東京ダービーを制したハセノパイロ(牡4、船橋・佐藤賢二厩舎)は、それ以降勝ち星から遠ざかっており、前走のブリリアントCでは出負けが響き大敗。それでも川崎1600mでは、全日本2歳優駿3着などの実績があり、およそ1年ぶりのマイル戦で変わり身を期待したい。鞍上は久々となる本田正重騎手

 今年から南関東所属で走っているゴールデンバローズ(牡7、大井・藤田輝信厩舎)は、同舞台で行われた移籍初戦を快勝。1番人気に支持された前走は7着に敗れたが、終始外々を回っての厳しい競馬だった。これまで挙げた6勝はすべて左回りのマイル戦でのもので、舞台変わりもプラスに働くだろう。鞍上は吉原寛人騎手

 他にも、重賞で2戦続けて3着のクリスタルシルバー(牡4、浦和・村上頼章厩舎)や川崎コースで安定した成績魅力のトキノパイレーツ(牡4、川崎・八木正喜厩舎)らも出走する。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す