スマートフォン版へ

【平安S予想】勢いのある◎チュウワウィザードに期待/JRAレース展望

  • 2019年05月18日(土) 07時00分
 1994年に創設された比較的新しい重賞競走。当初から地方競馬所属馬も出走できる招待レースとして、正月の京都開催を彩る役割を果たしていたが、地方競馬所属馬に門戸を開いたまま2013年から5月に移設され、3月のマーチS、4月のアンタレスSに続く帝王賞路線へと組み込まれた。2017年のケイティブレイブが、このレース5着から帝王賞を制している。

 5月開催となった2013年以降の過去6年間で1〜3番人気馬は3勝2着3回。1番人気は3勝だが、4番人気以下も3勝2着3回3着6回と波乱傾向だ。

 ダイオライト記念アポロケンタッキー以下に楽勝した◎チュウワウィザード東海ステークスでもインティの2着。そのときは3着以下に7馬身の差をつけており、いまだJRA開催の重賞タイトルには恵まれていないが、ダートの現役オープン馬では屈指の存在だ。近親には昨年の最優秀ダート馬ルヴァンスレーヴや昨年のクイーン賞(JpnIII)を勝ったアイアンテーラーなどがいるファミリーで勢いのある血統だ。

 相手筆頭は、好調な◯ロンドンタウンマーチSは海外遠征帰りで過去最高馬体重のうえにトップハンデで2着。アンタレスSは3着とはいえ、勝ち馬からコンマ1秒差だった。休養明け3戦目で期待できる1戦だ。

 大勢逆転候補は東京大賞典優勝馬▲オメガパフュームか。同じ京都競馬場で行われたJBCクラシックは2着。前走のフェブラリーステークスは実績がない左回りコースに加えて久しぶりのマイル戦に戸惑ったような印象を受けたが、この距離なら安定している。馬格のない馬だけに59キロがやや心配で評価を下げたが、実績は上位だ。

 連覇を狙う△サンライズソアJBCクラシック3着、チャンピオンズC3着と安定した走りを見せた。マイペースに持ち込むことができればチャンスはひろがりそう。逆にタフな競馬になれば昨年2着△クイーンマンボの食い込みに注意したい。ブリンカー効果でアンタレスSを制した△アナザートゥルースマーチステークスを制して勢いがある△サトノティターンもあなどれない。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す