スマートフォン版へ

小林徹弥騎手が引退、調教助手へ

  • 2019年05月19日(日) 18時43分
林徹弥騎手(栗東・山内研二厩舎)は、本日の京都12R8番テイエムオスカー(4着/16頭)が最後の騎乗となった。なお、騎手引退後は、千田輝彦厩舎(栗東)で調教助手となる予定。

林徹弥騎手のコメント
「無事終わりました。最後も何とか馬券に絡みたくて一生懸命追いました。引退を決めたのは少し前で、千田調教師から厩舎に来ないかと言ってもらって決めました。

印象に残っているレースは、減量が取れてすぐの頃に、ニホンピロプリンスで勝つことができたマイラーズカップと、チャクラで出走した日本ダービーです。GIを勝てなかったことは少し悔いがありますが、競馬に乗っていて楽しい方が多かったので良かったです。

後輩たちには怪我しないように一生懸命乗って、良いパフォーマンスを見せてほしいと思います。これまで多くの声援を頂き、ありがとうございました。これからは裏方として頑張っていきますので、引き続きJRAの競馬を応援よろしくお願いします」

(JRAの発表による)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す