スマートフォン版へ

【安田記念】ダノンプレミアム最強奪取デモ 川田「立ち向かっていきたい」

  • 2019年05月30日(木) 06時00分
 「安田記念・G1」(6月2日、東京)

 マイルでは3戦3勝を誇るダノンプレミアムは29日、栗東CWで盤石の動きを見せた。

 同世代の最強牝馬アーモンドアイとの初対決へ向けて、ダノンプレミアムが万全の態勢を整えた。最終追い切りは栗東CW。首をグッと下げてスタートすると、向正面からスピードアップ。直線に入り鞍上の手綱が小刻みに動くと、気持ち良さそうに末脚を伸ばした。時計は5F73秒7-40秒1-11秒5。程良く気合が乗っており、状態の良さがはっきりと伝わってきた。

 中内田師は「1週前にしっかり追って、体もできているのでこれで十分。表情を見てもケロッとしていましたし、歩様の乱れもありませんでした」と万全の仕上がりを強調。さらに「マイル適性やレース間隔などを考えて、初めからこのレースを目標にしてきました」と熱い思いを口にした。

 コンビを組む川田も「幼さが残っていましたが、大人っぽくなってきました。競馬が上手なタイプ。課題はありません」と相棒への信頼は厚い。15、17年と当レースで2勝を挙げる鞍上。今回勝てばグレード制導入後、岡部幸雄元騎手、武豊に並び最多となる。

 デビューからここまで7戦6勝。唯一の敗戦が昨年のダービー(6着)と、ほぼ完璧な蹄跡。それでも、ライバルの背中は遠い。「圧倒的に飛び抜けた馬に立ち向かっていきたい」。壁の高さは認めつつも、川田は逆転へ力を込める。

 一度はリズムを崩した昨秋。それでも、懸命の調整で立て直された今年の2戦が、いずれも着差以上の強さだ。金鯱賞は3番手、マイラーズCは2番手で折り合い、直線であっさりと決着をつけた。マイル戦はデビューから3戦負けなし。そう、何も恐れることはない。絶好の舞台で“最強”を奪い取る。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す