スマートフォン版へ

シルクジャスティスが死亡、25歳 1997年有馬記念を藤田伸二騎手とのコンビで制覇

  • 2019年06月04日(火) 20時40分
 1997年の有馬記念(GI)を制したシルクジャスティス(牡25)が3日、繋養先の畠山牧場で死亡したことがわかった。

 シルクジャスティス父ブライアンズタイム母ユーワメルドその父サティンゴという血統。早田牧場新冠支場の生産馬。

 1996年10月、栗東の大久保正陽厩舎の管理馬としてデビュー。勝ち上がりまでは7戦を要したが、1997年3月の未勝利戦(阪神ダ1800m)で初勝利をあげる。

 重賞初挑戦の毎日杯(GIII)で12番人気3着と頭角を現したのち、若草S(OP)、京都4歳特別(GIII)連勝を経て、日本ダービー(GI)でもサニーブライアンの2着と好走。そして年末の有馬記念マーベラスサンデーエアグルーヴらを破り、GI初制覇を果たした。

 2000年の金鯱賞(GII・11着)を最後に現役を引退し、翌年から種牡馬入り。産駒には2010年の中山大障害(JGI)を制したバシケーンがいる。2010年に種牡馬を引退し、畠山牧場で余生を送っていた。

 現役時代の通算成績は27戦5勝(重賞3勝)。獲得賞金は4億5797万円。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す