スマートフォン版へ

【大井・東京ダービー】フリオーソ産駒ヒカリオーソがV 山崎誠士騎手「まだまだすごいポテンシャルが」

  • 2019年06月06日(木) 11時00分
 5日、大井競馬場で行われた第65回東京ダービー(3歳・ダ2000m・1着賞金4200万円)は、2番手でレースを進めた山崎誠士騎手騎乗の3番人気ヒカリオーソ(牡3、川崎・岩本洋厩舎)が、3コーナーで先頭に立って後続を振り切り、直線で追い上げてきた1番人気ミューチャリー(牡3、船橋・矢野義幸厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分9秒4(良)。

山崎誠士騎手のコメント】
「ダービージョッキーになれてめちゃくちゃ嬉しいです。スムーズなレースをさせてあげようと思いましたが、ペースも落ち着いて、折り合いもつきました。皆様の声援があって、最後まで頑張って走ってくれました。

 調教試験明けで半信半疑でしたが、スタッフの皆さんが懸命に仕上げてくれたお陰で力が出せました。まだまだすごいポテンシャルがあると思うので、これからもっと活躍できると思います。一歩でも父(山崎尋美元騎手・現調教師)に近づけたと思うと嬉しいです。

 昨日、とても大きな事故(大井4Rの5頭の落馬事故)があり、すごく気持ちが落ち込んでいたんですけど、しっかりレースをすることでいい顔を見せられたらと思いました。柏木(健宏騎手)さんが早く元気になるよう、皆様も祈って頂けたらと思います」

岩本洋師のコメント】
「とても嬉しいんですが、何しろアクシデント(前走京浜盃時の鼻出血)があったので、そればかりが心配でした。本当にダービーを勝ったのかなと。実感はこれからなのかなと思います。

 行く馬がいるから番手の競馬で、早め先頭で、と思っていたんですが、その通りの展開でした。馬は本当に調子がよかったです。前走のアクシデント後は、獣医師とも相談しながら内臓の修復を心がけていましたが、その間にも調子が上がっていき、良い調教も出来ました。

 次走については、大きなお話もしたいところですが、あのようなこともあったので、馬の体調を見ながら、冷静になって考えてみたいと思います」

(取材:高橋正和、編集:netkeiba)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す