スマートフォン版へ

【エプソムC】アンノートル充実 前走Vの勢いそのまま重賞初制覇だ

  • 2019年06月07日(金) 06時00分
 「エプソムC・G3」(9日、東京)

 前走Vで勢いに乗るアンノートルが、重賞初制覇へ向けて態勢を整えた。6日の最終追いは美浦Wでの併せ馬。柴田大を背にスピード感あふれる動きを披露し、本格化の気配を伝えた。

 脚部不安で1年間もの長期休養を挟んだが、復帰してからの充実ぶりが著しい。開業2年目の田中博康調教師(33)=美浦=も、6度目の重賞挑戦で待望のタイトル獲りが懸かっている。

 1年間の長期休養から昨年11月に復帰後は【3】【2】【1】【1】【10】【1】着でオープン入り。2走前こそ大敗したアンノートルだが、目下の充実ぶりを見せつけるかのように、美浦Wで力強い動きを見せた。

 柴田大を背に向正面からスタートする半マイル追い。2馬身先行するダノンチャンス(5歳1勝クラス)を目標に直線で内に潜り込むと、鞍上の軽い合図に反応してスピードに乗り、きっちりと併入を果たした。4F53秒9-39秒2-12秒3の時計に、柴田大も「しまい重点でしたが、勢いに乗ってからの反応が良かった」と納得した。

 前走はメンバー最速タイの上がり3F33秒2の末脚で差し切りV。「抜け出してから息を入れている感じ。まだ余裕を感じました。あの内容なら楽しみはありますね」と重賞の舞台でも期待を寄せている。

 上がり運動で出来を確かめた田中博師は「2走前は負けた(10着)とはいえ、状態はかなり良かった。当時にはまだ及ばない印象ですが、もう一段階は上がりそうな追い切りを消化できたと思います」と、さらなる上積みを見込んでいる。

 昨年3月に開業して以来、6度目の重賞挑戦。決して意識しているわけではないが「(重賞タイトルは)獲るに越したことはないですからね」とあくまで自然体で臨む心構えだ。脚部不安による長期ブランクを乗り越えた上がり馬と、33歳の若きトレーナーが勲章獲りに挑む。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す