スマートフォン版へ

レイエンダなど、エプソムC厩舎情報/美浦トレセンニュース

  • 2019年06月08日(土) 07時00分
 エプソムC(GIII・東京芝1800m)に美浦から出走が確定した各馬について、関係者のコメント。

プロディガルサン(牡6・美浦・国枝栄)について、国枝調教師
「今週(6/5)はレーン騎手が乗って併せ馬で追い切りました。ゴール前で抜け出すとソラを使ってやめるところがあるので、そのあたりを確認してほしいと指示をしました。パシファイアーを着けてみましたが問題なかったですし、スムーズな動きでした。

 前走(谷川岳S・L・2着)は終いは頑張っていましたが、位置取りが少し後ろ過ぎましたね。前走から中4週ですが、馬は元気一杯で順調に調整できています。飼い葉食いも良いですし、普段の動きも良かったです。

 良い手応えできて勝てるかなと思っても、どうもゴール前で遠慮するところがあって、チークピーシズを着けたりもしましたが、根本的には乗り手がゴール前だけ伸ばす感じでうまくやってくれればと思っています。メンタル面が結果に影響する部分が大きいですが、能力的には重賞を勝ってもおかしくないですし、ゴール前でガッツを見せてほしいですね」

レイエンダ(牡4・美浦・藤沢和雄)について、藤沢調教師
「今週(6/5)の追い切りの動きは良かったですね。前走(メイS・OP・9着)はスタートで後手を踏んでしまいました。昨年セントライト記念(GII・2着)で負けてから、どうもリズムが良くないですね。ここ2戦も今ひとつうまくレースができず力を出し切れていません。今回は元気がありますし、これまでのようなことはないかと思います」

アップクォーク(牡6・美浦・中川公成)について、中川調教師
「古馬になって良い意味でズブさが出てきましたし、前走(六甲S・L・11着)のマイルだと少し忙しく道中脚が溜まらなかったので、今回の1800mくらいが良いでしょう。今週(6/5)の追い切りも内容が良かったですね。雨が良くないので、週末の雨予報が気になりますね」

ショウナンバッハ(牡8・美浦・上原博之)について、上原調教師
「前走(メイS・3着)は状態が良く、前残りの馬場でよく頑張ってくれました。直線で挟まれるような感じでしたが、ジョッキーはかえってそれで燃えたと話をしていました。またそれまで着けていたブリンカー等の馬具を外してレースに臨んだことがピリッとしたのかもしれません。前走後も順調で良い状態をキープしています。雨予報が出ていますが、良馬場で走らせたいですね」

アンノートル(牡5・美浦・田中博康)について 柴田大知
「前走(湘南S・1600万下・1着)は直線で抜け出した後も息が入るくらいでしたので、時計はまだ詰められそうです。今週(6/6)は終い重点で追い切りましたが、反応が良く動きも良かったです。器用なタイプではないので、小回りコースで急かすよりも、広いコースの方が良いでしょう。

 以前はワンペースの走りをしている感じでしたが、最近はそのイメージが変わりました。休養した時期に成長してくれて、今は充実しているのだと思います。中山で道悪に勝っていて、馬場が渋ってもこなせるのではないかと思います。メンバーは強いですが、力をつけていて勢いもありますので期待しています」

 なおソウルスターリング(牝5・美浦・藤沢和雄)は、左前肢跛行のため出走を取り消している。

(取材・文:佐々木祥恵)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す