スマートフォン版へ

【勝負の分かれ目 エプソムC】超スローから急激にペースアップ。タフなレースを組み立て、良血開花

  • 2019年06月09日(日) 19時20分
 第10レースあたりから降り出した雨が強くなるなか、第36回エプソムカップのゲートが開いた。ソウルスターリングが出走を取り消し、出走馬は13頭。馬場状態は稍重のままだった。

 サラキアが押し出されるように先頭に立って向正面に入った。クリストフ・ルメールレイエンダが半馬身ほど遅れた外の2番手につけた。

「今日はいいスタートを切って、いいポジションを取ることができた。そのあとは冷静に走っていた。やわらかい馬場を心配していたけど、スローになって、力があった」とルメール

 1馬身差の3番手集団にストーンウェアダノンキングダム、そして,1番人気のソーグリッタリングがいた。

 先頭から最後方まで10馬身もない。1000m通過は1分3秒9。馬場状態を考慮に入れても超スローだ。

 4コーナーでほとんどの馬が内を避けて回り、直線に入った。

 ラスト400m地点でもサラキアが先頭をキープしている。レイエンダはその外に併せて追い出しのタイミングをはかっている。4コーナーでインをショートカットしたブレスジャーニーも内から押し上げてくる。

 ラスト200m付近で、レイエンダルメールのアクションが大きくなり、右ステッキでゴーサインを出した。ルメールはこう振り返る。

「いい反応だった。速い脚を使ってくれた。この前はよくなかったけど、チークピーシーズで違う馬になった」

 レイエンダが力強く伸び切り、重賞初制覇を果たした。

 3/4馬身差の2着がサラキア、1馬身差の3着にソーグリッタリングが追い込んできた。

 勝ちタイムは1分49秒1と遅かったが、レース自体の上がりは32秒9と速くなった。差のない2番手につけていたレイエンダに32秒7で上がられたら、後ろの馬にはどうすることもできない。

 ミッキースワローダノンキングダムなどは、返し馬のときから走りづらそうにしていた。そうした馬場状態でありながら、3頭がラスト3ハロン32秒台を叩き出す瞬発力勝負になった。

 4コーナーから急激にペースアップしたのは、自然にそうなったわけではもちろんない。逃げたサラキア丸山元気と、直後についたレイエンダルメールらが、後ろの馬にとってタフな展開を作り出したのだ。

 鞍上の要求にきちんと応えてレースを作り、結果を出したレイエンダの強さは本物だ。超良血が開花した。

(文:島田明宏)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す