スマートフォン版へ

待ちに待ったダート転向ワイドファラオ/トレセン発秘話

  • 2019年06月14日(金) 18時05分
 この仕事をしていれば、当然ながら「待ちに待った」レースがある。記者にとって“超”がいくつも付くほど特別な日本ダービーは、気持ちの高ぶりを抑えきれないという意味では「待ちに待った」レース。しかし、今回のユニコーンSは意味合いが違う。自身の財布を膨らましてくれることを期待して…。つまりは馬券的な面で「待ちに待った」レースなのである。

 そんな待ちに待った馬の名はワイドファラオだ。ここまでの5戦は全て芝のレースで、ニュージーランドTを勝ち、前走のNHKマイルCにしても、9着ながら着差は0秒4。芝でそれなりの実績を残している馬のダート転向に、疑問符を付ける識者もいるかもしれない。だが、まるで逆。その発想は正反対だ。芝でも走れたのはそれだけの能力を秘めているからで、本質はダート馬。それも相当なレベルの馬だと確信している。

 しかし、長かった。待ちに待った期間は実に8か月。キュウ舎のコメンテーターである辻野助手が「父がヘニーヒューズですし、乗り味もダート馬のそれなんですが、お母さんのワイドサファイアは芝で走った馬じゃないですか。まずは芝で…というのがオーナーの希望でもありますから」とコメントした、そのデビュー戦は10月13日。当時から「いや、でもダートでしょ。この馬は」と返していたものだ。当時からダートに転向する日をずっと待ち続けていたのである。

「中京で芝の未勝利を勝ったんですが、あのときは状態が下り坂。勝っても負けても放牧で立て直すことが決まってましたからね。まあ、そんな状態でも“ダートなら負けないけどな”とジョッキー(福永)は言ってましたし、僕もダートなら勝てるだろうと思ってましたけど」とは担当の高田助手。彼もワイドファラオのダート適性を早いうちから口にしていた。

 ちなみに高田助手は14年前のユニコーンSを勝ち、のちに「ダート界のディープインパクト」と言われたカネヒキリを担当していた人物。もしかしたら、あの名馬に続くのではないか――。そんな期待感をぶつけてみると「いや、それはさすがに気が早過ぎでしょう。このレースだってダートで実績を挙げてきた馬が何頭もいるし、重賞を勝っているから斤量も1頭だけ重い。どれくらいやれるのかな、という感じですよ」と楽観はしていない的なコメントも出してはいるが…。

 一方で「ゲートセンスが抜群なうえに、芝からのスタートも慣れている。普通、初ダートの時は砂をかぶったときにどうかっていう心配があるけど、この馬はそういう状況にはならないと思う」と実際の手応えは隠しようがない。こちらも「待ってました感」がハンパないのだ。

 3年前はゴールドドリーム、昨年はルヴァンスレーヴ。世代最上位の馬たちが集うユニコーンSの勝ち馬は、その後も大活躍する馬ばかり。つまりはGI級の能力がなくては勝てない一戦だ。あまりにも気の早い話で恐縮だが、記者の来年のフェブラリーSの本命馬がこのワイドファラオ。ゆえに同世代相手のレースで負けてもらっては困るのである。
 
(栗東の本紙野郎・松浪大樹)

東京スポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す