スマートフォン版へ

令和最初のグランプリで実況を担当!カンテレ岡安アナ“競馬実況”への心構えは?

  • 2019年06月22日(土) 20時00分
 カンテレ×netkeibaのコラボ企画! 23日に行われる第60回宝塚記念(GI)で実況を担当する岡安譲アナウンサー(関西テレビ)が、令和最初のグランプリ・第60回宝塚記念(GI)の“実況的見どころ”を解説。もともと“競馬実況がしたい”という理由でアナウンサーを志した岡安アナ。ファン代表として、同レースへの熱い思いも激白!

「さあ上半期の総決算、宝塚記念です!今年は“60回目”そして“令和最初”という節目のサマーグランプリ。私事で恐縮ですが、このタイミングで初めて宝塚記念の実況をさせて頂くことになりました。関西テレビで競馬実況を始めて18年。“いつかは実況したい”と思っていたレースなのでとても楽しみであり、反面身の引き締まる思いもしています。

 宝塚記念はファン投票によるレース。たくさんのファンの皆さんの夢が詰まったレースです。今回のメンバーで最も多かったレイデオロの得票数は7万2805票。1票=1人だとすれば甲子園や東京ドームの満員よりはるかに多い人数からの支持ですから、とても重みのある数字だと思います。またファン投票上位に入らなかったメンバーも“0票”ということではありません。“出走全12頭、それぞれに必ずファンがいる”…実況者としてそれを肝に銘じて臨むつもりです。

 同時に私も超がつく競馬ファンですので、競馬ファンの一人としてこのレースを楽しむことも忘れたくないですね。“本人が楽しんでこそいい実況ができる”これは私の持論です。もちろん冷静さと客観性を失ってはなりませんが。

 今回個人的に夢を託したいのはマカヒキダービーの栄光、凱旋門賞の挫折、そして骨折の不運…様々なものを乗り越えてここまで頑張ってきました。この春は放牧にも出ず、在厩で調教を積む日々。そろそろ報われてもいい頃ではないでしょうか。

 個人の夢はさておき、正直今回の12頭はどの馬にも頑張って欲しい。苦労してきた馬達ばかりだからです。とにかく無事に、そして悔いのない走りを期待しています。“あなたを応援してきてよかった”ファンにそう思ってもらえる走りを」

(文=岡安譲)

■関西テレビ「競馬BEAT」
6月23日(日)午後2時40分〜
ファンが選んだ夢のオールスターが激突!「ダービー馬vs女王vs最強の1勝馬」〜麒麟川島が番組で発表する3万円分の馬券を1名様にプレゼント!

MC:杉崎美香、川島明(麒麟)
解説:坂口正大(元調教師)、高橋賢司(競馬エイト)
競馬BEATファミリー:蛍原徹(雨上がり決死隊)、横山ルリカ
ゲスト解説:安藤勝己(元騎手)
特別ゲスト: 杉本清(元関西テレビアナウンサー)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す