スマートフォン版へ

詩人、志摩直人氏が死去

  • 2006年09月15日(金) 21時00分
 詩人で競馬評論家の志摩直人氏が14日午後9時56分、心筋梗塞のため、兵庫県尼崎市の関西労災病院で亡くなった。81歳だった。

 志摩氏は昭和40年代から日本で初めての競馬中継レギュラー解説者として活躍する傍ら、詩人としても、競馬の詩として初めて発行された詩集「風はその背にたてがみに」で、空前のベストセラーを記録した。

 昭和57年のJRA競馬学校設立には校歌を作詞。また、オークスエリザベス女王杯などの開催日に行われているレディースデーの女性招待者への解説を初回から25年間務めるなど競馬界に尽力。平成16年にはJRA創立50周年を記念し、長年の競馬への貢献が称えられ、「功労賞」が贈られた。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す