スマートフォン版へ

【ラジオNIKKEI賞】道中に複数のアップダウン、ゴール前にも上り坂/コース解説

  • 2019年06月30日(日) 07時00分
 30日に福島競馬場で行われるラジオNIKKEI賞(3歳・GIII・芝1800m)の舞台となる福島芝1800m。このコースについて解説していく。

 福島競馬場は1周距離が1600mで、これはJRA全10場で最小となる。ゴール前の直線は292mで、これは3番目の短さだ。一般的にローカル場は「平坦・小回り」で一括りされることが多いが、この福島コースは高低差が1.9mあり、道中に複数のアップダウンがある。また、ゴール前直線にも1.2mの上り坂が待ち構えている。

 スタンド前の直線半ばからのスタート。初角となる1コーナーまでは300mほど。スタート直後に1mほど上り、残り1600m地点から下りに転じると、2コーナーで最低部を迎え、そこから再び上りになる。向正面半ばから4コーナー半ばまで平坦コースを進み、残り400mから下り→上りでコール。

 2回福島開催は今週からスタート。前半4日間をAコース、後半4日間をBコースで行う。

 1回福島と違い、野芝の生育が旺盛な時期にあたるため、時計は速くなりやすい。年によってバラつきがあるが、1000万下条件の芝1200m戦で比較すると、0.5秒〜1秒ほど速い決着になるイメージだ。とはいえ、梅雨時期の競馬だけに中間の雨量、そしてレース当日の気候条件によって馬場状態はガラリと変わる。まずは土曜の競馬を見て、芝の状態をしっかりチェックしたい。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す