スマートフォン版へ

アルクトス、プロキオンS厩舎情報/美浦トレセンニュース

  • 2019年07月03日(水) 16時00分
 オアシスS(L・1着)、欅S(OP・1着)の2連勝からプロキオンS(GIII・中京ダ1400m)に臨むアルクトス(牡4・美浦・栗田徹)が、3日(水)、田辺裕信騎手を背にポリトラックコースで併せ馬の追い切りを行った。追い切り後の栗田調教師と田辺騎手のコメント。

■栗田調教師
「前走の欅Sは最内枠からのスタートでしたが、ジョッキーがうまく乗ってくれて助けられましたし、よく凌いでくれたと思います。今年に入って3月あたりから馬がしっかりしてきて、負荷がしっかりかけられるようになっています。昨年8月のレパードS(GIII・5着)後は右トモの使い方が左トモに比べて今ひとつだったのですが、そのあたりもしっかりとしてきました。

 3走前のポルックスS(OP・6着)の頃は状態がもうひと息という感じでしたが、その後は順調にきています。追い切りの動きも先週よりさらに良くなっていますね。パサパサのダートは滑る感じがありますし、少し湿ると引っ掛かりのあるダートになりますので、その方が走りやすいでしょう。

 今回はこのメンバーを相手にどのくらい戦えるのか、試金石の一戦になりますが、ここも乗り切ってほしいです」

■田辺騎手
「以前は緩さや弱さがありましたので、レース間隔をあけていました。今は体がしっかりしてきて、このクラスでやれるのも成長してきたからだと思います。今回はウッドチップコースが閉鎖されていてポリトラックでの追い切りになりましたが、動きは特に良いとか悪いというわけではなくて、いつも通りでした。

 前走はペースが途中で落ちて溜めがききましたし、展開にも恵まれた印象があります。距離1400mは忙しい感じがしますし、他に速い逃げ馬がいて馬場も悪くなりそうなので、前走と競馬の内容がガラッと変わるかもしれません」

(取材・文:佐々木祥恵)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す