スマートフォン版へ

【JRA】タンタアレグリアが安楽死 約1年10か月ぶりの復帰目指す前途で

  • 2019年07月03日(水) 19時00分
 2017年のAJCCを制したタンタアレグリア(牡7、美浦・国枝栄厩舎)は、3日の調教中に、左後肢の第3中足骨および第1趾骨の複雑骨折を発症し、安楽死となった。所属するG1サラブレッドクラブの公式ホームページにて発表された。

 タンタアレグリア父ゼンノロブロイ母タンタスエルテその父Stukaという血統。2014年7月にデビューし3戦目で初勝利。翌年の青葉賞で2着に入ったのち、日本ダービーで7着、菊花賞では4着となった。

 古馬となってからは2017年のAJCCで優勝、2016年の阪神大賞典2着など、芝の中長距離戦線で活躍。2017年のオールカマー(3着)以降は戦線から離れていたものの、今年の札幌日経オープン(8月3日)での復帰を目指し、約1年10ヶ月ぶりの実戦に向けて調整が進められていた。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す