スマートフォン版へ

【スパーキングレディーCレース後コメント】ファッショニスタ川田将雅騎手ら

  • 2019年07月04日(木) 21時33分
4日、川崎競馬場で行われた牝馬のダートグレード競走、第23回スパーキングレディカップ(JpnIII)は2番手でレースを運んだ1番人気のファッショニスタ(JRA)が、先行するサルサディオーネ(JRA)を直線で捉えると最後は4馬身突き放し、1分40秒6の時計で重賞初制覇を飾った。2着にサルサディオーネ、6馬身離された3着には後方から追い込んだ11番人気、大井のローレライが続いた。

勝ったファッショニスタは父ストリートセンス、母アクアリスト(その父Coronado's quest)の血統、JRA栗東・安田隆行厩舎所属の牝5歳馬。通算成績は16戦6勝(地方1戦1勝)。

<レース後の関係者のコメント>
1着 ファッショニスタ (川田将雅騎手)
「ゲートを上手に出てくれましたし、二の脚もつきました。想像していたよりいい位置でした。行く馬がもうちょっといて、その後ろくらいかもしれないと思っていました。気難しい馬ですが、この馬の癖はつかんでいます。今後のためにも賞金を加算できてよかったです」

2着 サルサディオーネ(岩田康誠騎手)
「持ち味が出ないので、自分の競馬に徹しました」

3着 ローレライ(本田正重騎手)
「いいところが開きました。終いは脚を使ってくれました。スタートを出た感じで何も考えず、あの位置に行きました。ゲートで落ち着かないところがあるので、そのあたりが課題ですね」

5着 マルカンセンサー(的場文男騎手)
「右回りの方が上手ですね。まあまあ走ってます」

7着 ラーゴブルー(御神本訓史騎手)
「少し出負けした分と、3コーナーから行けませんでしたね。こんなものだとは思わないんですが......」

8着 ゴールドクイーン(古川吉洋騎手)
「行きっぷりが悪かったです。馬場が合わないのかもしれません。コーナーを上手に走れていませんでした。体調は良さそうでしたが、入れ込んでいたり悪いことが重なりましたね」

(取材:山本直)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す