スマートフォン版へ

【七夕賞】タニノフランケル陣営「ネジが一本締まった印象です」/ねぇさんのトレセン密着

  • 2019年07月06日(土) 17時07分
 皆さん、1勝クラスなどの名称には慣れましたか?そして、降級制度がなくなったという仕組みの変更も…。

 タニノフランケルは前走の鳴尾記念では3番人気8着という結果に終わりました。この休み明け緒戦、昨年までなら降級の恩恵を受けて準オープンから再出発できるところだったのですが、制度変更により重賞挑戦の運びとなりました。

「前走は休み明けの中では出来ているほうかな、と思ったんですが。結果的に休み明けらしい走りになってしまいました。精神的にも少し緩んでしまったところもあったかもしれません」と辻野助手。

 でも、これまでどおり使いながら良くなっていくタイプとあって、上積みは見込めそうです。

「はい、前走と比べるとネジが一本締まった印象ですね」

 追い切りは少し余裕残しの仕上げとなりました。

「福島への輸送を考慮しました。でも、気持ちもしっかり入っていますし、前走よりパフォーマンスを上げられると思います」

 500キロを超える大型馬のわりに器用な走りをするので、福島の小回りコースはむしろ歓迎材料。いま一度、ウオッカの仔の重賞制覇の夢を思い描く夕べになりそうです。

(取材・文:花岡貴子)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す