スマートフォン版へ

【ジャパンダートダービー予想】3歳ダート路線の真打ちがついにベールを脱ぐ!? 調教捜査官は状態に太鼓判!/地方競馬レース展望

  • 2019年07月09日(火) 18時32分
 7月10日、大井競馬場のダート2000mで行われるジャパンダートダービー。圧倒的人気が予想されるクリソベリルだが、単勝1倍台の一本被りになれば、どうしても死角を見つけたくなるもの。しかし、調教内容から不安に思うところは一切ない。

 その根拠として、坂路での時計の出し方を挙げることができる。6月19日の2週前追い切りでは坂路で4F53秒0、1F12秒4だったが、これが6月29日には4F52秒5、1F12秒3、そして最終追い切りの7月6日には4F52秒3、1F12秒1と追うごとに時計が詰まっている。レースに向けて上昇曲線で仕上がっていることは間違いないだけに、前走以上のパフォーマンスを期待したい。

 問題は相手選び。美浦トレセンは主要調教場である南Wが工事のため閉鎖。その影響を受ける馬とそうでない馬がいるあたりが馬券のカギを握っているのではないだろうか。

 また、地方所属はここに向けて「メイチ」感満載の追い切り内容という馬もいる。このあたりはウマい馬券のほうでしっかりと解説したい。
(文=井内利彰)

 井内利彰氏ら人気予想家のジャパンダートダービー予想公開中です。現在「俺プロ」でジャパンダートダービーの予想をした人全員に「ウマい馬券」で使える300ptをプレゼント中です。ご利用期限は7/10(水)までとなっておりますので、どうぞお早めにお受けとりください。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す