スマートフォン版へ

【セレクトセール2019】1億超え21頭! 売上も107億円超の史上最高額/1歳セッション

  • 2019年07月08日(月) 20時12分
 2日間にわたって開催される「セレクトセール2019」が8日、北海道苫小牧のノーザンホースパークで開幕した。

 1歳馬セッションとなるこの日は239頭が上場され、222頭が落札。売上は107億3200万円(以下、金額は全て税抜で表記)で、過去最高を記録した昨年(96億7450万円)を大きく上回り5年連続で史上最高額を更新する結果となった。落札率は92.9%、1頭平均は4834万円だった。

 1億円を超える高額落札馬は21頭(昨年は23頭)。その中でも最高落札額となったのが「ミュージカルウェイの2018」(牡、父ディープインパクト)。「アドマイヤ」の冠名でおなじみの近藤利一氏が3億6000万円で落札した。母ミュージカルウェイは仏重賞3勝。全姉に2015年のオークス秋華賞を制したミッキークイーンがいる血統。

 2番目の高額馬は「ジンジャーパンチの2018」(牡、父キングカメハメハ)。(株)サラブレッドクラブライオンが2億9000万円で落札した。母ジンジャーパンチは米GIを6勝。半姉に重賞4勝のルージュバックがいる血統で、ディープインパクト産駒の半兄ポタジェも昨年の1歳セッションにて1億9000万円で落札されている。

 3番目は「シンハディーパの2018」(牡、父ハーツクライ)で、杉野公彦氏が2億7000万円で落札。また、牝馬最高額は「サマーハの2018」(牝、父ディープインパクト)の2億1000万円。シャケトラの半妹で、金子真人ホールディングス(株)が落札した。

 2015年のダービードゥラメンテの初年度産駒にも大きな注目が集まり、3頭が1億円を超える金額で落札された。その中も最高額となったのが「ラッドルチェンドの2018」(牝、父ドゥラメンテ)。「ダノン」の冠名で知られる(株)ダノックスが1億6500万円で落札した。

 その他では、早くも3頭が勝ち上がっている新種牡馬キズナの産駒「アドマイヤキラメキの2018」(牡、父キズナ)が1億3000万円、新馬戦を2勝している新種牡馬エピファネイアの産駒「シュペトレーゼの2018」(牡、父エピファネイア)が9600万円、本日唯一のフランケル産駒「マーゴットディドの2018」(牡、父Frankel)が2億1000万円で落札されている。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す