スマートフォン版へ

【JRA】グランアレグリアの全弟ブルトガングが安楽死

  • 2019年07月09日(火) 14時41分
 6月22日に行われた新馬戦(東京芝1800m)を制したブルトガング(牡2、美浦・手塚貴久厩舎)は、予後不良の診断がくだり、安楽死となったことがわかった。所属するサンデーサラブレッドクラブの公式ホームページで発表された。

 同馬は7日の昼過ぎから立ち上がることができず、横になったままの状態が続いていた。その後も起き上がることができず、9日朝に予後不良の診断がくだった。現時点で原因は特定できていないとしているが、頚椎狭窄による腰萎(ようい)である可能性が高いとのこと。

 ブルトガング父ディープインパクト母タピッツフライその父Tapitという血統、1つ上の全姉に今年の桜花賞を制したグランアレグリアがいる。デビュー戦は、1.5倍の断然人気に応える4馬身差の圧勝を収めていた。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す