スマートフォン版へ

キングカメハメハ種牡馬を引退 近年は免疫機能が低下…当歳がラストクロップに

  • 2019年07月10日(水) 06時01分
 体調不良により今年の種付けを中止していたキングカメハメハ(牡18歳)が9日、種牡馬を引退することが分かった。北海道安平町の社台スタリオンステーションにけい養されており、昨年は約100頭に種付けして、今年誕生の当歳がラストクロップになる。

 社台スタリオンステーションの徳武英介氏は「11年からさまざまな疾病があり、途中種付けを休んだりしていたが、近年は免疫機能が低下し、感染症や熱発することが増えていた。今後はうちで余生を静かに送らせたいと思います」と話した。

 昨年は一日1頭に制限し約100頭に種付け。受胎能力が優れていることから1回の種付けでの受胎馬が多かったという。今年は60頭近い産駒が誕生したとみられる。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す