スマートフォン版へ

【ジャパンダートダービー】クリソベリル陣営「まだ、底が見えない」/ねぇさんのトレセン密着

  • 2019年07月10日(水) 17時00分
 関係者が競走馬のポテンシャルを評価するとき、年に数回くらい「まだ、底が見えない」という表現に出会います。すでにある程度の結果を出しているけれども、まだ体は緩くて余力がある。だから、体がパンとしてきたら、どれだけ強くなるのだろう!?という、つかみどころがないようであるような馬への期待がこの言葉に表れているのでしょう。

 ジャパンダートダービー(JpnI)に出走するクリソベリルを担当する濱田助手も、最近の取材でこの言葉を口にしていました。

「調教で乗っていても、まだまだ成長の余力を感じます。まだ底が見えないかんじがします」

 ここまでの3戦では圧倒的なパフォーマンスを見せてくれています。当然、ジャパンダートダービーでも期待がかかります。

「前走の兵庫チャンピオンシップも、4コーナーで先頭に立つ強い内容で勝ってくれました。この血統はドンと構えて落ち着いているときがいいかんじがします。クリソベリルもまさにそのタイプで実に落ち着いています。ジャパンダートダービーもドンと構えて自分らしい競馬をしてくれるんじゃないか、と期待しています」

 全兄のクリソライトも、父のゴールドアリュールもこのジャパンダートダービーを制しています。鞍上の川田騎手はこの春の中央競馬のGI戦線は実に悔しい競馬が続きました。地方の大井で、笑顔が見たいですね。

(取材・文:花岡貴子)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す