スマートフォン版へ

【函館記念】スズカデヴィアス好調軽快 勝浦も手応え「いい状態」

  • 2019年07月11日(木) 09時00分
 「函館記念・G3」(14日、函館)

 前走の巴賞で1年2カ月ぶりに勝利を飾ったスズカデヴィアスは10日、函館Wで追われた。単走で5F69秒4-39秒3-12秒8をマーク。終始馬なりで、派手なパフォーマンスではなかったものの、軽快な動きは目を引いた。

 騎乗した勝浦は「時計は遅かったけど、そこは気にしなくてもいい馬ですからね」と分析する。前走時は5F70秒8の追い切りタイムでV。ケイコと実戦が直結するタイプではない。「動き自体は良かったですし、いい状態です」と好感触だ。

 巴賞は斤量59キロを克服しての差し切り。管理する橋田師は「斤量を背負った前走内容は評価できる」とした上で、今回のハンデ57・5キロにも「いいと思います」とうなずく。重賞でメンバーは強化されるが臆するところはない。

 師にとっては史上7人目となるJRA全10場重賞制覇が懸かるが、「そうなんですか」と自身の記録に興味はなし。しかし、馬については「前走のような競馬ができれば」とVを強く意識する。北の大地で復活を遂げた8歳の古豪が、18年新潟大賞典に続く重賞2勝目をつかみにいく。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す