スマートフォン版へ

【函館記念】エアスピネルいきなり全開 笹田師もその仕上がりに太鼓判

  • 2019年07月11日(木) 09時00分
 「函館記念・G3」(14日、函館)

 昨年のマイルCS10着以来、8カ月ぶりとなるエアスピネルは10日、エアミホーク(3歳未勝利)と函館ダートで併せ馬。2馬身追走する形から、直線で馬体を並べると鞍上が抜いた左ムチにスッと反応。最後まで馬なりだったが、ラスト1F12秒3で1馬身先着した。

 笹田師は「余裕残しで反応も良かった。きっちり態勢は整ったと思います」と仕上がりに太鼓判。休み明けに加え、トップハンデ58キロは決して楽な条件ではないが、「ハンデは想定内。久々の2000メートルで休み明けだが、それをクリアできるような調教を重ねてきた」と自信を見せる。

 週末は雨予報。「重い馬場は得意。洋芝も合うから」と指揮官は雨を歓迎する。18戦して掲示板を外したのは前走だけ。デビュー2戦目から重賞戦線で常に上位争いを演じてきた実績馬。主役の座は簡単には譲れない。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す