スマートフォン版へ

ルーキー斎藤新 父・誠師とJRA重賞初騎乗初Vに挑む

  • 2019年07月12日(金) 06時00分
 ルーキーの斎藤新騎手(18)=栗東・安田隆=が、いよいよ函館記念でJRA重賞に初挑戦だ。デビューから約5カ月。ここまで積み上げてきたJRA20勝は同期トップ。「順調に来ていますが、(勝ち鞍が)多いとは思っていない。一戦一戦、結果を残していきたいですね」と現状に満足はしていない。

 記念すべき初ライドは、父・誠師が管理するブラックバゴ。昨年は10着に敗れたが、勝ち馬からは0秒8差。同舞台では17年に準オープンを勝っている実力馬だ。「1カ月ぐらい前に父に言われました。依頼をもらえてうれしかった。難しい馬ですが、確実な脚を使える点がいいところ」と印象を話す。その父は「新人らしく、積極的で思い切った競馬をしてくれれば」とエール。

 先週の七夕賞では、菊沢父子がコンビで初の重賞V。流れにも乗りたい。「本番では緊張するかもしれませんが、今はレースを考える時間が楽しい。ガチガチになり過ぎず、いつも通りできれば。印象に残るレースをしたい」と鞍上。固い父子の絆も武器に、アグレッシブな騎乗で大仕事をやってのける。(デイリースポーツ・赤尾慶太)

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す