スマートフォン版へ

マジックキャッスルなど、新馬戦厩舎情報/美浦トレセンニュース

  • 2019年07月12日(金) 13時40分
今週の福島競馬場と中京競馬場でデビューする注目の2歳馬6頭について、関係者のコメント。

【7月13日(土)】

■福島5R 芝1800m

キョウエイゴー(牡2・美浦・萱野浩二厩舎)父キズナ 母アリー 母父Deputy Minister 半姉に2018年ファンタジーS(GIII)3着、2019年フィリーズレビュー(GII)3着で桜花賞(GI・8着)にも出走したジュランビル(牝3・父キンシャサノキセキ)がいる。

萱野調教師のコメント
「体に少し余裕がありますけど、時計は出ていますし、動きは水準以上です。ひと叩きをしてからの方が良い感じはしますが、能力があるのでどこまでやれるかですね」

ディアセオリー(牡2・美浦・高木登厩舎)父サムライハート 母サイレントベッド 母父ソウルオブザマター 近親ナムラマース(2006年札幌2歳S・GIII、2007年毎日杯・JpnIII優勝)

高木調教師のコメント
「全兄のディアコンチェルト(抹消・1600万下)は気性が難しかったように、この血統は手を焼く傾向にありますが、この馬は素直ですね。調教も動きます。ゲートも速い方ですし、どこまでやれるか楽しみですね」

・リスペクト(牡2・美浦・奥村武厩舎)父エピファネイア 母ラヴィアンフルール 母父ステイゴールド 近親に2012年オールカマー・GII、2013年中山記念・GIIなど重賞3勝のナカヤマナイトがいる。

奥村調教師のコメント
エピファネイア産駒なので、まだこれから成長をしていくと思いますが、ここまでトラブルなく来ていて順調です。素直な気性で従順ですし、小回りの福島も合いそうですね」


■福島6R 芝1200m 牝馬限定

マジックキャッスル(牝2・美浦・国枝栄厩舎)父ディープインパクト 母ソーマジック 母父シンボリクリスエス 母は桜花賞トライアルのアネモネS優勝から桜花賞(GI)に駒を進めて3着。半兄のソーグリッタリング(牡5・父ステイゴールド)は2019年エプソムC(GIII)で3着。

国枝調教師のコメント
「ゲート試験に合格した後も在厩で調整してきました。真面目過ぎて少し臆病な面もあるのですが、ゲートの出は速いですし、自分の形に持ち込めれば力を発揮できるでしょう。バネがあって、ピッチ走法でもあるので、短いこの距離は合っていると思います」

■中京5R 芝1600m

ヴィクターバローズ(牡2・美浦・堀宣行厩舎)父ロードカナロア 母モスカートローザ 母父ディープインパクト 近親に2007年のスプリングS(GII)勝ちのフライングアップル、2012年のシリウスS(GIII)、2014年のマーキュリーC(JpnIII)を制したナイスミーチューがいる。

森調教助手のコメント
「ゲート試験合格後も在厩で調整していますが、ここまで順調に来ていますし、追い切りで古馬と併せて素軽い動きをしています。ロードカナロア産駒で、スピードがあるタイプですね。テンションが少し高めなので、落ち着いて臨めればと思います」

【7月14日(日)】

■福島5R 芝1200m 混合

プリンスチャーム(牡2・美浦・栗田徹厩舎)父Iffraaj 母Princess Cammie 母父Camacho 英国産

栗田調教師のコメント
「仕上がっていますし、ゲートの出も速い部類です。気が良い馬で、良いスピードも持っていますので、2歳戦に向くタイプだと思います」

(取材・文:佐々木祥恵)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す