スマートフォン版へ

【JRA】ゲートが古馬並みに速い!佐賀競馬で育成されたハクアイウィンザー/ねぇさんのトレセン密着

  • 2019年07月12日(金) 21時30分
 最近は地方競馬にいったん所属してから中央競馬に登録し、地方競馬にいた経歴が残らないまま中央デビューする馬がいます。地方競馬の施設を使って調教は積んだけれど、実際にレースを走っていないのでそのような記載になります。

 先週、松永昌厩舎に入厩したハクアイウィンザーもその1頭。佐賀競馬場で育成されたのちに、栗東へやってきました。

「あちらでもかなり調教が進んでいたようですね。もともとのセンスもあるのでしょうが、栗東での調教初日からゲートがすごく速いのでびっくりしました」と中山助手。

 ゲートが速い、というので、今の時期の2歳水準より上ということだろう、と思いきや…。

「いやいや、それどころではなくて。競馬を経験した古馬並みに速い!」とのこと。

 へー!佐賀競馬場で普通に佐賀競馬所属馬と一緒にトレーニングをされているメリットもあるのでしょうが、それにしてもそれは凄いですね。

 父はヘニーヒューズ、母はヤマノローラ。調教初日から陣営を驚かせたゲートセンスの良さを考えると11日木曜にゲート試験を一発で合格したことが当たり前にさえ思えてしまいます。

「馬体重は500キロくらい。つくべき筋肉はまだまだついていないので、これからどれだけしっかりしてくるか、楽しみですね」

 このまま順調にいけば夏競馬にお目見えする見込みです。

(取材・文:花岡貴子)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す