スマートフォン版へ

祖母はドイツ重賞2勝馬のヴァリッドブラックが川田将雅騎手でデビュー/関西馬メイクデビュー情報

  • 2019年07月15日(月) 18時00分
 今週で函館、福島、中京の開催が終了。毎年、注目馬がデビューする函館芝1800mだが、先週は当欄でも紹介したゴールドシップ産駒のサトノゴールド(栗東・須貝尚介厩舎)が武豊騎手を背にデビュー勝ちを決めた。

 昨年の最終週、函館芝1800mでデビュー勝ちを決めたのがウィクトーリア(栗東・小島茂之厩舎)。2歳の2戦は惨敗だったが、3歳になってからフローラSを勝ち、オークスでは4着だから、秋も楽しみな存在。今週の函館芝1800mからもそんな将来性溢れる勝ち馬が出てくるだろうか。

【7月20日(土) 中京芝1400m】

ペールエール(牡、父ダイワメジャー母アピールII、栗東・安田隆行厩舎)

 2017年セレクトセール当歳にて、3600万円で落札されているダイワメジャー産駒。半兄タングルウッド(父Siyouni)は京都芝1800mの新馬戦を逃げ切り勝ち。ちなみにこのレースの3着が後の皐月賞馬となるエポカドーロだった。

 本馬は6月5日にノーザンFしがらきから栗東へ入厩。6月19日にゲート試験を合格した後、本格的な追い切りを消化していくが、7月4日の坂路では4F51.3秒、2F24.2秒、1F12.0秒の動きには驚き。

 M.デムーロ騎手が跨った、7月10日のCWでは1勝クラスの古馬を追いかけて、最後はきっちり追いついて先着。坂路でもトラックでも素晴らしい動きを見せている。

【7月21日(日) 中京芝2000m】

ヴァリッドブラック(牡、父ブラックタイド母ヴァリディオル、栗東・中内田充正厩舎)

 祖母はドイツで3勝を挙げており、オルフェーヴル産駒の半姉アンドラステ(3歳)は同厩舎で管理され、京都芝1600mの新馬戦で逃げ切り勝ちを決めている。

 本馬は6月1日にノーザンFしがらきから栗東へ入厩し、2週間後にはゲート試験に合格。その後は坂路、CWと併せ馬の追い切りをこなしていくが、あまり派手な動きを見せるタイプではない。

 7月11日の芝馬場での3頭併せも真ん中で手応えは一番見劣る印象を受けた。だからといって置かれるようなことがあるわけでもないので、マイルの実戦でどんな走りを見せてくるかといったところ。鞍上は川田将雅騎手が予定されている。

ジュンライトボルト(牡、父キングカメハメハ母スペシャルグルーヴ、栗東・友道康夫厩舎)

 2018年セレクトセール1歳にて、1億2000万円という高額で落札されたキングカメハメハ産駒。全兄フェイズベロシティは芝中長距離で3勝を挙げているが、ロードカナロア産駒の半兄グルーヴィットはダート1400mで連勝するなど、意外とタイプが違う。

 ゲート試験に合格した後、一旦放牧に出されて、6月14日にノーザンFしがらきから栗東へ帰厩。7月10日は芝馬場で併せ馬を行い、1勝クラスの古馬を追走して、しっかりと先着している。機敏さという点で物足りなさは感じるものの、素質の高さで動けているという現状かも知れない。鞍上は福永祐一騎手が予定されている。

【7月21日(日) 函館芝1800m】

ドゥラモット(牝、父ルーラーシップ母シェリール、栗東・安田隆行厩舎)

 半兄に2013年目黒記念を勝ったムスカテール(父マヤノトップガン)、全兄に5戦して芝で3勝を挙げているグロンディオーズがいる。本馬は2018年セレクトセール1歳にて、5600万円で落札されている。

 栗東でゲート試験に合格した後、一旦放牧へ出て、函館競馬場へ入厩。当初は先週の函館芝1800mでデビューする予定もあったが、1週延ばした方が良さそうということで今週になったが、7月10日の本馬場ではいい動きを見せた。

 併せ馬を外に付けてという内容だったが、ゴール前の手応えは楽。この感じなら最終追い切りはもっといい動きを見せてくれそう。鞍上は北村友一騎手が予定されている。

(取材・文:井内利彰)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す