スマートフォン版へ

【中京記念レース後コメント】グルーヴィット松山弘平騎手ら

  • 2019年07月21日(日) 18時32分
中京11Rの第67回トヨタ賞中京記念(3歳以上GIII・芝1600m)は3番人気グルーヴィット(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒6(稍重)。ハナ差の2着に6番人気クリノガウディー、さらにクビ差の3着に1番人気プリモシーンが入った。

グルーヴィットは栗東・松永幹夫厩舎の3歳牡馬で、父ロードカナロア母スペシャルグルーヴ(母の父スペシャルウィーク)。通算成績は5戦3勝。

〜レース後のコメント〜
1着 グルーヴィット(松山弘平騎手)
「スタート良く、前半良い位置を取れたと思いましたが、3〜4コーナーで、ズブさを見せました。そのあたりも頭に入れていましたので、上手く対処できましたし、直線に向いても、しっかり反応して長く良い脚を使い、強い競馬をしてくれました。メンバー的にも、強い馬が沢山いる中で、勝ち切ってくれて、強い競馬だったと思います。3歳馬、これからの馬だと思いますので、もっと強くなってくれたらと思います」

2着 クリノガウディー(森裕太朗騎手)
「−8キロと減った身体は良かったと思います。動けるようになっていました。今回は脚を溜める競馬をできたことが良かったですね。ゲートを出て少し掛かりましたがすぐに治まりました。馬場は問題ありません。でも綺麗な方が良かったと思います」

(藤沢則雄調教師)
「惜しかったです。良い競馬をしてくれました。今日は新馬の時と同じくらい落ち着いていたので、頑張ってくれると思っていました。今後はマイル路線で行くのは間違いないのですが、様子を見てから決めたいと思います」

3着 プリモシーン(福永祐一騎手)
「やりたいレースはできました。馬もしっかり対応してくれました。良い位置で運んでラストまで頑張ってくれましたが、軽いハンデの馬にやられました。実質トップハンデで正攻法のレースができたことでも馬の成長を感じます。馬場は問題ありませんでした。やはりハンデ差ですね」

4着 ミエノサクシード(川島信二騎手)
「中京は外差しが来れない特殊な馬場なので、それを考え、内を意識して運びました。力をつけています。内をさばけるようになって充実度を感じます」

5着 グランドボヌール(和田竜二騎手)
「リズム良く行けて、直線お釣りがあったのでやったかと思いましたが、この馬にはちょっと距離が長いかもしれません。でも、このメンバーの中で頑張ってくれました」

6着 ジャンダルム(藤井勘一郎騎手)
「馬場の傾向から、内を意識しました。今日は積極的に出していっても掛かりませんでした。直線はスペースを見つけられませんでしたが、馬の雰囲気は良かったです。良い時に戻ってきた感じです」

7着 エントシャイデン(中谷雄太騎手)
「馬場が全てでしょうか...。向正面でのめりながらリズムに乗るのに時間が掛かりました。できれば良い馬場で、走らせたかったです。ラストは本当に良い脚でした」

8着 カテドラル(川田将雅騎手)
「跳びの凄く良い馬なので、逆にこの馬場だと終始、進めないままになってしまいました」

9着 レインボーフラッグ(小崎綾也騎手)
「スタートが決まりませんでした。スタート寸前の最後の最後で頭を上げてしまいました。スタートが普通ならもっと際どかったと思います。終いは伸びていただけにもったいなかったです」

13着 ツーエムマイスター(城戸義政騎手)
「リズム良く行けました。直線に入っても、リズム良く行ければ良かったのですが、重賞でしたからね...。それまでは良い感じで行けました」

15着 ヴェネト(松若風馬騎手)
「取りたい位置を取れて、折り合いもスムーズでした。しかし、4コーナー手前で手応えがなくなってしまいました」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す