スマートフォン版へ

【クイーンS】コース成績からもディープインパクト産駒が一歩リード、初出走のルーラーシップ産駒にも注目/データ分析(血統・種牡馬編)

  • 2019年07月24日(水) 20時02分
 28日に札幌競馬場で行われるクイーンS(3歳上・牝・GIII・芝1800m)について血統・種牡馬別に検証していく。なお、函館競馬場で開催された2013年は除く。

 過去10回で最多となる4回の馬券絡みがゼンノロブロイ。3回でキングカメハメハ、2回でジャングルポケットフジキセキディープインパクトフレンチデピュティマンハッタンカフェと続く。ただし、ゼンノロブロイキングカメハメハは、いずれも異なる馬が好走を果たすレース相性の良さを示しながらも、勝ち馬は輩出できていない。

 ディープインパクト産駒は延べ3頭が出走して「1-0-1-1」、14年の勝ち馬キャトルフィーユは札幌芝1800mのコースレコード(1分45秒7)も記録することとなった。今年はエイシンティンクルサトノガーネットダノングレースミッキーチャームフィニフティと最大5頭が出走することになる。上位人気と目されるミッキーチャームは、同産駒にとって「1-0-1-0」と好相性を示す前走ヴィクトリアマイルからの参戦だ。

 メイショウサムソン産駒は延べ1頭が出走して「0-1-0-0」、昨年のクイーンSで2着に好走したフロンテアクイーンが2年連続での好走を目論む。ただし、メイショウサムソン産駒は牡馬含め札幌芝1800mの成績が「0-5-3-12」と勝ちあぐねており、同馬においては昨年より斤量が1kg増える点もポイントとなるだろう。

 ルーラーシップ産駒は初出走となるが、母アメジストリングが09年クイーンSで3着の実績を持つウラヌスチャームがスタンバイ。なお、同産駒は札幌芝1800mで「1-4-3-9」複勝率47.1%という数値を記録しており、これは出走するメンバーの種牡馬としてはディープインパクト産駒の複勝率48.1%に次ぐ好成績となる。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す