スマートフォン版へ

【小倉サマーJレース後コメント】メイショウダッサイ森一馬騎手ら

  • 2019年07月27日(土) 15時36分
小倉8Rの小倉サマージャンプ(障害3歳以上GIII・芝3390m)は1番人気メイショウダッサイ(森一馬騎手)が勝利した。勝ちタイムは3分44秒0(良)。2馬身差の2着に6番人気アグリッパーバイオ、さらに7馬身差の3着に5番人気メイショウタンヅツが入った。

メイショウダッサイは栗東・飯田祐史厩舎の6歳牡馬で、父スズカマンボ母スズカブルーム(母の父スキャターザゴールド)。通算成績は28戦5勝。

〜レース後のコメント〜
1着 メイショウダッサイ(森一馬騎手)
「馬のリズムを大事に乗りました。直前の雨で滑る馬場になっていましたが、途中からそれに対応した飛越でした。着実に力をつけています。オーナーをはじめ、関係者の方に感謝しています。(重賞初制覇になった飯田祐史調教師は)勝てば初制覇というようなことは言わずに優しく送り出してくれました。(馬主の松本オーナーは)大事な経験を積ませていただき今があり、感謝しています。馬自身も力をつけてきていますが、僕自身も右肩上がりで力をつけているところなので、人馬ともに応援よろしくお願いします」

3着 メイショウタンヅツ(佐久間寛志騎手)
「正直、100%の出来ではなかったのですが、これでどのくらいやれるのかなと思っていました。これだけ走れたのは良かったです。次が楽しみです」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す