スマートフォン版へ

【ディープ追悼・2005年若駒S】レースの上がり3Fを2.5秒上回る衝撃の末脚

  • 2019年07月30日(火) 19時01分
 2019年7月30日、史上2頭目の無敗の三冠馬・ディープインパクトが17歳でこの世を去った。現役時代はすべての国内レースで上がり最速をマークする圧倒的な末脚を武器に通算14戦12勝という成績を残し、GI勝利は「7」を数えた。また、種牡馬としてもその強さを産駒に伝え、5頭のダービー馬をはじめ多くのGIホースの父となり、既に産駒のJRA・GI勝利数は「51」。現役時代と同様に、日本競馬界を牽引してきた。

 今回はこの稀代の名馬への追悼企画として、新馬戦からラストランとなった有馬記念まで、ディープインパクトの現役時代全14戦を改めて振り返る。

■全兄ブラックタイドに続く勝利、武豊騎手若駒S4連覇

 新馬戦を軽々と4馬身差で圧勝し、そのポテンシャルをいきなり披露したディープインパクトが次走に選んだのは、2005年1月の若駒S。1つ上の全兄ブラックタイドが制したレースでもある。

 単勝オッズは、新馬戦に引き続き1.1倍の支持に。新馬戦と同じ4番ゲートからそろっとスタートを出ると、武豊騎手は最後方からの競馬を選択した。

 7頭立てと少頭数のなか、レースはテイエムヒットベケイアイヘネシーが果敢に後続を引き離していく。みるみると縦長の展開に広がっていくなか、ディープインパクトは後方待機のままゆったりと進めていく。

 残り400mを切って直線を迎えた段階でも、ディープインパクトから先頭まではおよそ10馬身弱といったところ。2番手にいたケイアイヘネシーが先頭に立ち、後続を封じようとするなか、1頭だけ異次元の脚で迫ってきたディープインパクト

 残り200mあたりで一気に抜けるとあとは流して5馬身差の圧勝。勝ちタイムは2分00秒8(良)。レースの上がりが3F36秒1のなか、ディープインパクトのそれは2秒5も上回る33秒6を記録。それを楽々と計測してしまうエンジンの違いに観客もどよめくほどだった。

 ちなみに騎乗していた武豊騎手は、2002年のモノポライザー、2003年のリンカーン、そして2004年のブラックタイドに続く若駒S4連覇となった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す