スマートフォン版へ

【ディープ追悼・2005年日本ダービー】史上最高の単勝支持率で無敗の2冠達成へ

  • 2019年07月30日(火) 19時04分
 2019年7月30日、史上2頭目の無敗の三冠馬・ディープインパクトが17歳でこの世を去った。現役時代はすべての国内レースで上がり最速をマークする圧倒的な末脚を武器に通算14戦12勝という成績を残し、GI勝利は「7」を数えた。また、種牡馬としてもその強さを産駒に伝え、5頭のダービー馬をはじめ多くのGIホースの父となり、既に産駒のJRA・GI勝利数は「51」。現役時代と同様に、日本競馬界を牽引してきた。

 今回はこの稀代の名馬への追悼企画として、新馬戦からラストランとなった有馬記念まで、ディープインパクトの現役時代全14戦を改めて振り返る。

■初の左回りで、これまでの衝撃を上回る圧巻の5馬身差

 スタートでバランスを崩すアクシデントをものともせず、あっさりと1冠目の皐月賞を制したディープインパクト。無敗の2冠馬誕生の瞬間をこの目で見ようと、東京競馬場には14万を超える観客が訪れた。

 単勝支持率は73.4%とハイセイコーが持っていたこれまでの最高記録を更新する人気となり、東京競馬場の新スタンド正面入り口には、ディープインパクトの馬像が登場した。

 そんな注目が集まるなか、ディープインパクトは5番枠からゲートを切った。今回も立ち後れるような仕草を見せたディープインパクトは、大歓声で湧く1周目のスタンドを後方のポジションで通過していく。

 道中は早くもばらけてやや縦長の展開に。コスモオースティンが1000m通過1分を切る速めのペースを演出するなか、ディープインパクトは内々でじっくり脚を溜めていく。

 3、4コーナー手前では、既に外目に持ち出し、前へとりついていくディープインパクト武豊騎手。最後の直線で満を持して前を射程圏に捉えると、最内から先に抜け出していたインティライミに迫り、すぐさま交わしていく。

 そこからはもうディープインパクトの独壇場に。離れた外から道中で溜め込んだ末脚を、まさに飛ぶような脚さばきでさく裂させると、見る見るうちに後続を引き離していく。ゴール前には武豊騎手のガッツポーズも飛び出し、5馬身差の圧勝で無敗の2冠達成となった。

 勝ちタイム2分23秒3(良)は、昨年のキングカメハメハと同じ、当時のレコードタイムタイ。鞍上の武豊騎手は、この勝利で今年のJRA100勝目を飾った。

 これまでの衝撃をさらに上回るかのような走りで観客を魅了したディープインパクト。大歓声が鳴りやまないウイニングランからも、秋の京都に向けて期待は高まっていく一方だった。

<レース映像>

※スーパープレミアムコースでは全レースのフル映像のほか、各場毎のダイジェスト映像をご視聴いただけます

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す