スマートフォン版へ

【ディープ追悼・2005年神戸新聞杯】3冠へ向けた秋初戦は、貫禄のレースレコード

  • 2019年07月30日(火) 19時05分
 2019年7月30日、史上2頭目の無敗の三冠馬・ディープインパクトが17歳でこの世を去った。現役時代はすべての国内レースで上がり最速をマークする圧倒的な末脚を武器に通算14戦12勝という成績を残し、GI勝利は「7」を数えた。また、種牡馬としてもその強さを産駒に伝え、5頭のダービー馬をはじめ多くのGIホースの父となり、既に産駒のJRA・GI勝利数は「51」。現役時代と同様に、日本競馬界を牽引してきた。

 今回はこの稀代の名馬への追悼企画として、新馬戦からラストランとなった有馬記念まで、ディープインパクトの現役時代全14戦を改めて振り返る。

■この馬らしい軽やかな走りで、あっさりと6連勝

 5戦5勝、いずれも圧巻の内容で2冠を達成したディープインパクトは、日本ダービーの後は、放牧には出されず、涼しい札幌に滞在して調整が進められてきたディープインパクト。3冠へ向けた秋初戦には、神戸新聞杯が選択された。

 馬体重は日本ダービー出走時と同じ448kg。9番枠から3冠へ向けたスタートが切られた。ディープインパクトはまずまずのスタートで後方から2番手の位置につける。

 そのまま後方待機から、600m標識を切ったあたりで武豊騎手の手綱が動き始めると、一気に外目を通ってあっさりと前を飲み込んでいく。直線でもあっという間に突き抜けて完勝を見せ、2着のシックスセンスに2馬身半差をつけ、連勝を「6」に伸ばした。勝ちタイムは当時のレースレコードの1分58秒4(良)。

 もはや前哨戦を勝つかどうかよりも、どういう勝ち方を見せてくれるかと思っていたファンの期待に応えるかのように、この馬らしい競馬で秋初戦を制したディープインパクト。目指すはクラシック最終戦を制しての無敗3冠奪取。それに向け不安はないように思える完勝ぶりだった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す