スマートフォン版へ

【関屋記念】昨年、上位を独占したディープインパクトの牝駒に注目/データ分析(血統・種牡馬編)

  • 2019年08月07日(水) 19時15分
 11日に新潟競馬場で行われる関屋記念(3歳上・GIII・芝1600m)について血統・種牡馬別に検証していく。

 過去10年で最多となる5回の馬券絡みがディープインパクト。次点で3回のアグネスタキオンタニノギムレットキングカメハメハハーツクライが続く。

 ディープインパクト産駒は延べ14頭が出走して「2-2-1-9」、昨年はプリモシーンワントゥワンエイシンティンクルと1〜3着までを独占した。今年はミッキーグローリーオールフォーラヴフローレスマジックエントシャイデンサラキアリライアブルエースディメンシオンと7頭が出走予定。同産駒は牝馬「2-1-1-2」、牡馬「0-1-0-7」と牝馬優勢の傾向も強いため、性別にも重きを置く必要がありそうだ。

 ロードカナロア産駒は初出走となるが、同産駒は下級条件を含めると「6-4-2-16」勝率21.4%・複勝率42.9%、出走するメンバーの種牡馬のなかでもトップとなる好走率を示す。同産駒からは18年新潟2歳Sの勝ち馬ケイデンスコールが出走を予定しているが、左回りのマイル戦では「2-2-0-0」と底を見せていない魅力がある。

 スニッツェル産駒は延べ4頭が出走して「1-0-1-2」、いずれも今回出走するヤングマンパワーによる成績で、18年11人気4着(+0.4s)、17年6人気4着(+0.3s)と馬券外に敗れた2走も健闘している。昨年はマイラーズC12着(+1.6s)大敗から巻き返しており、5度目の出走となる今年も前走ダービー卿CT15着(+1.4s)とはいえ侮れないかもしれない。

 ステイゴールド産駒は延べ6頭が出走して「0-1-0-5」、今年はソーグリッタリングマイネルアウラートミエノサクシードの3頭がスタンバイ。ディープインパクトロードカナロアの産駒が活躍する舞台では少々分が悪い印象で、17年2着ウインガニオンのように近走の勢いと脚質のアドバンテージが欲しいところだ。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す