スマートフォン版へ

【エルムSレース後コメント】モズアトラクション藤岡康太騎手ら

  • 2019年08月11日(日) 17時14分
札幌11Rのエルムステークス(3歳以上GIII・ダート1700m)は2番人気モズアトラクション(藤岡康太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分41秒9(稍重)。1馬身半差の2着に10番人気ハイランドピーク、さらに1馬身1/4差の3着に4番人気サトノティターンが入った。

モズアトラクションは栗東・松下武士厩舎の5歳牡馬で、父ジャングルポケット母エーシンラクーリエ(母の父コロナドズクエスト)。通算成績は28戦6勝。

〜レース後のコメント〜
1着 モズアトラクション(藤岡康太騎手)
「前走は2着でしたが、そこで確認できたことをふまえてレースをしようと思っていました。前半はこの馬のリズムで運んで、流れが速く良い展開になり、3コーナーから追い上げる脚は速かったです。

進路さえ間違えなければ良いと思っていました。強い内容だったと思います。能力は良い物を持っています。札幌開催も後半に入っていくので、僕自身もっと頑張りたいと思います」

2着 ハイランドピーク(横山和生騎手)
「今日は返し馬のときから良かったです。上手く内をさばいて行けました。まだ復調途上で2着に頑張ってくれました。復調してくれて良かったです」

3着 サトノティターン(藤岡佑介騎手)
「1コーナーでかぶされてしまい、下げる形になったのが残念でした。それでも、早めに動きながら長い脚を使い、小回りも苦にしませんでした。スケールが大きい馬で、まだ伸びしろがあると感じました」

4着 レッドアトゥ(福永祐一騎手)
グリムが相手だと思って外をまわったのですが、勝ち馬が通った内をまわって行けば良かったです。その分の差です」

7着 グリム(武豊騎手)
「感じは良かったのですが、今日は今までとは違う形になってしまいました。速い流れのレースも経験がないのですが、対応できると思っていました。4コーナーで手応えがなかったのは初めてです。自信があったのですが残念です」

11着 ドリームキラリ(坂井瑠星騎手)
「内のマルターズアポジーがつまずいたのを見て、ハナに行けるなと思いました。ハナに立ってから終始プレッシャーを受けて、4コーナーでは脚が上がってしまいました」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す