スマートフォン版へ

【北九州記念】世代の変わり目、サクラバクシンオーに続く種牡馬の登場に期待/データ分析(血統・種牡馬編)

  • 2019年08月15日(木) 15時05分
 18日に小倉競馬場で行われる北九州記念(3歳上・GIII・芝1200m)について血統・種牡馬別に検証していく。

 過去10年で最多となる9回の馬券絡みがサクラバクシンオー。次点で2回のキングヘイローディープインパクトオレハマッテルゼショウナンカンプスウェプトオーヴァーボードと続く。サクラバクシンオー産駒が他の追随を許さない成績を残しており、昨年もグレイトチャーターが14人気ながら4着と善戦していた。

 ショウナンカンプ産駒は延べ4頭が出走して「0-1-1-2」、同産駒はサクラバクシンオーの父系を継ぐ意味でも注目に値する。今年は昨年3着のラブカンプーがスタンバイ。血統的には強調できるものの、同馬は今年に入って4戦連続でシンガリ負けとなるとガラリ一変までは望みにくいか。

 ディープインパクト産駒は延べ4頭が出走して「1-0-1-2」、今年は昨年の勝ち馬アレスバローズが連覇を目論むほか、イエローマリンバが出走を予定している。前者は酷な条件下で行われたCBC賞でも好走しており、史上初の北九州記念連覇なるかにも注目したい。

 ルーラーシップ産駒は初出走となるが、同産駒は下級条件の成績を含めると小倉芝1200mは「3-0-0-25」複勝率10.7%・複勝回収率11%、3勝はいずれも新馬または未勝利なので、上位人気と目されるディアンドルは真価を問われそうだ。

 ロードカナロア産駒は延べ1頭が出走して「0-0-0-1」、こちらもサンプルが少なく適性を図れたとは言い難いが、「12-5-6-53」複勝率30.3%・複勝回収率78%という下級条件を含めたコース成績を鑑みれば期待は持てそうだ。今年はファンタジストアンヴァルエイシンデネブの3頭が登録。

 Speightstown産駒モズスーパーフレアLonhro産駒ミラアイトーンLe Havre産駒のシャドウノエルなど、初出走となる外国産馬にも注目。特に芝1200mで4連勝中のミラアイトーン父Lonhroは競走馬としても種牡馬としても豪州を代表する名馬で、母タイタンクイーンも産駒が今年のセレクトセールで最高落札価格を記録していたことは記憶に新しい。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す