スマートフォン版へ

母は阪神JF勝ち馬、リアンティサージュが武豊騎手でデビュー/関西馬メイクデビュー情報

  • 2019年08月26日(月) 18時00分
 札幌、新潟、小倉の開催もいよいよ最終週。昨年はこの週に小倉芝1800mでデビュー勝ちを決めたのがクロノジェネシス(栗東・斉藤崇史厩舎)。

 阪神JF2着、桜花賞オークスは3着と現3歳牝馬ではトップクラスの活躍を見せている。十数年前のように、有力馬のデビューは秋という時代からは変化している現在。今年も小倉芝1800mはなかなかのメンバーが集まりそうなので、どんなレースになるか楽しみ。

【8月31日(土) 小倉芝1200m】

キルシェンロート(牝、父ロードカナロア母ルタンデスリーズ、栗東・橋口慎介厩舎)

 おじのタイセイアトム(父サクラバクシンオー)は2歳時に札幌芝1200mでデビューして、新馬戦、500万下を連勝。古馬になってからはガーネットS(中山ダート1200m)を勝つなど、芝、ダート問わず短距離で活躍した。

 本馬は7月18日に吉澤ステーブルWESTから栗東へ入厩し、ゲート試験合格後も栗東に在厩したまま、調整を続けている。レースでも騎乗予定の松山弘平騎手が跨った8月21日の坂路では4F53.4秒、1F12.3秒と、いい動きを見せている。

「23日に芝馬場に入れてキャンター調整を行いましたが、いい走りでした」と橋口慎介調教師。

 乗り込みも十分なだけに、初戦から能力全開といったところ。

【8月31日(土) 新潟芝1800m】

イオウゼン(牡、父エイシンフラッシュ母カタマチボタン、栗東・藤岡健一厩舎)

 母は現役時代に2007年の桜花賞を3着しているが、この時に勝ったのがダイワスカーレット、2着がウオッカ

 藤岡健一厩舎で管理された半姉ツヅミモン(父ストロングリターン)はシンザン記念2着だが、この時に勝ったのがアーモンドアイ。単なる偶然かも知れないが、超がつく一流牝馬と縁のある血統といった感じがする。

 本馬は坂路での追い切り時計がなかなか詰まってこず、8月21日のCW追い切りに注目したが、ここでも反応の鈍さを感じる部分があった。

 ただ、行きたがるところがウィークポイントのエイシンフラッシュ産駒という点を考えれば、調教でこの動きなら、逆に実戦で動けるかも知れない。

【9月1日(日) 小倉芝1800m】

リアンティサージュ(牡、父オルフェーヴル母ローブティサージュ、栗東・須貝尚介厩舎)

 母は須貝尚介厩舎で管理されて、阪神JFを勝っており、本馬はその初仔となる。6月20日のゲート試験に合格した後、一旦放牧へ出されており、8月3日にノーザンFしがらきから栗東へ帰厩している。

 8月21日にレースで騎乗予定の武豊騎手が跨って、CWで併せ馬を行っているが、その相手はアドマイヤアルバ。これを追いかけたこともあり、最後は相手の手応えが優勢だったが、これは当然のこと。

 それよりも6F81.9秒、1F12.5秒としっかり動けている点を評価すべきで、力強く走れている。現状でも臨戦態勢は整っているが、この負荷によって、レース週にはさらに動ける状態になっているだろう。

ヴェルトライゼンデ(牡、父ドリームジャーニー母マンデラ、栗東・池江泰寿厩舎)

 半兄に池江泰寿厩舎で管理されて、2014年マイラーズCを勝ったワールドエース(父ディープインパクト)や今年の若葉Sで2着だったワールドプレミア(父ディープインパクト)がいる。

 本馬はゲート試験合格後に一旦放牧へ出されており、8月2日にノーザンFしがらきから栗東へ帰厩。8月22日にはレースで騎乗予定の川田将雅騎手が跨って、CWでの併せ馬。時計は6F85.4秒とあまり速くなかったが、最後の追い比べではしっかりと伸びて先着。

 ラスト1Fも12.5秒とまずまずのラップでフィニッシュしている。追われてからの動きを見ると、実戦でより楽しみなタイプではないだろうか。

(取材・文:井内利彰)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す