スマートフォン版へ

【新潟2歳Sレース後コメント】ウーマンズハート藤岡康太騎手ら

  • 2019年08月25日(日) 19時10分
新潟11Rの第39回新潟2歳ステークス(2歳GIII・芝1600m)は1番人気ウーマンズハート(藤岡康太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒0(良)。半馬身差の2着に3番人気ペールエール、さらに1馬身3/4差の3着には8番人気ビッククインバイオが入った。

ウーマンズハートは栗東・西浦勝一厩舎の2歳牝馬で、父ハーツクライ母レディオブパーシャ(母の父Shamardal)。通算成績は2戦2勝。

〜レース後のコメント〜

1着 ウーマンズハート(藤岡康太騎手)
「強かったですね。新馬戦のレースぶりを見て、いい脚を持っていることはわかっていたので、いかにスムーズに行けるかということを気をつけました。フラフラしているところはありましたが、それでも差すのだから能力は相当なものです。このあと気性面も成長していけばさらに楽しみです」

(西浦勝一調教師)
「どっしりとして落ち着いてきました。直線でフラフラするのは引き続き課題ですね。それにしても現段階でこれだけ走れているのはすごいです。この先どこまで成長して、どのくらいの距離まで持つのか未知数ですが、とても楽しみです」

2着 ペールエール(M.デムーロ騎手)
「勝った馬が強すぎます。この馬もまだ子どもですが、よく頑張っています。スタートが良く、最後もいい脚でした。仕方ありません」

3着 ビッククインバイオ(大野拓弥騎手)
「番手でスムーズに運べて、しっかり反応できていました。上位2頭は強かったですが、この馬自身も力があります」

4着 クリアサウンド(松山弘平騎手)
「外差し傾向の馬場で内枠でしたから厳しかったです。しかも内にもたれる面がありました。それで4着まで来ていますから力があります。もう少し落ち着いて、気負わずに走れるようになるといいですね」

7着 ウインカーネリアン(松岡正海騎手)
「前につけたかったのですが、出遅れてしまいました。上のクラスまでいける実力のある馬なので、気持ちがコントロールできるようになれるといいと思います」

8着 モーベット(福永祐一騎手)
「スムーズなレースができませんでした。スタートは五分でしたが、3コーナー手前でごちゃついてしまい、馬にかわいそうなことをしてしまいました。今日はこの馬の力を発揮させられませんでした」

9着 トロワマルス(木幡初也騎手)
「レースは上手に走っていました。距離が1ハロン延びて、ペースも落ち着いたので、最初に噛んだ分、脚が上がってしまいました」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す