スマートフォン版へ

【札幌2歳S】ゴルコンダ文句なし ラスト根性見せた

  • 2019年08月29日(木) 08時15分
 「札幌2歳S・G3」(31日、札幌)

 木村厩舎2頭が抜群の動きだ。未勝利戦をレコードで制したゴルコンダ、新馬戦完勝のダーリントンホールは札幌芝で併せ馬。ともに文句なしの走りで最終リハを消化した。札幌ダートで軽快なフットワークを見せたレザネフォールも、好気配を漂わせている。

 しぶとい。そして抜かせない。ゴルコンダが力強い動きで好調ぶりを伝えた。

 札幌芝で28日、同じく札幌2歳Sに出走する僚馬ダーリントンホールとの併せ馬。先行して2馬身のリードを取り、直線で相手を引きつけると、ラスト1Fは馬体を並べて5F67秒4-38秒0-12秒0をマークした。阿部助手は「先週がもうひとつかなという感じだったけど、きょうは動けていた。先週あれだけ速い時計(6F75秒8-35秒9-11秒7)を出したので、今週はそんなにやらなくていい」と納得の表情を見せた。

 新馬戦こそ3着に敗れたが、ひと息入れて立て直した前走がレコードV。ノーステッキで2着に大差をつける圧勝劇だった。前走比16キロ減と、馬体が絞れたことも良かった様子。「前回でちょうどいい体だと思う。ただ、(勝因は)体重だけではない。新馬戦はコースや展開も向かなかった。コーナー4つの方が持ち味が発揮できる気はする。後ろを突き放したから、力があるんだろうなって感じ」と即巻き返した前走を振り返った。

 差す形から一転しての逃げ切り勝ちだったが、今回はどう運ぶのか。「正直、分からないですね。抑えることもできると思うけど、抑えて駄目だったら逃げた方がいいということになるのかな」。2戦目で覚醒した良血。重賞制覇へ、勢いは止まらない。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す