スマートフォン版へ

【札幌2歳S】レザネフォール軽快 三浦も満足「いい内容」

  • 2019年08月29日(木) 07時00分
 「札幌2歳S・G3」(31日、札幌)

 木村厩舎2頭が抜群の動きだ。未勝利戦をレコードで制したゴルコンダ、新馬戦完勝のダーリントンホールは札幌芝で併せ馬。ともに文句なしの走りで最終リハを消化した。札幌ダートで軽快なフットワークを見せたレザネフォールも、好気配を漂わせている。

 付きっきりで調教に騎乗する鞍上に、レザネフォールが軽快なアクションで応えた。21日の1週前、そしてレース開催日の25日にも騎乗した三浦を背に28日、レザネフォールは札幌ダートに登場。緩いペースで進んだ序盤で折り合いに問題がないことを確認すると、直線では外ラチ沿いをスムーズに加速。5F69秒6-39秒6-12秒5。馬なりのままでも、力強いストライドを繰り出した。

 好素材に三浦はゾッコンだ。「2戦目こそテンションに注意しなければならない。夏を越えて秋、そして先へと成長する馬ですから」と将来を見据えて、大切に歩んできたことを強調。「トモの使い方が良くなり、気持ちも乗ってきた。フットワーク、自分とのリズムを確かめて、とてもいい内容」と成長する姿に満足げな表情を浮かべた。

 新馬戦は好位から抜け出して首差の1着と、派手な勝ちっぷりではなかったが、三浦は「調教以上に内容が良くて、センスを感じた」と操縦性の良さを強調する。池江厩舎にとっても、昨年1番人気のクラージュゲリエで3着に負けた一戦。期待のコンビがうっぷんを晴らす。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す