スマートフォン版へ

異父兄にアドマイヤサガスがいる、シャインガーネットが田辺裕信騎手でデビュー/関東馬メイクデビュー情報

  • 2019年09月02日(月) 18時00分
 先週で夏競馬が終わり、今週からいよいよ秋開催になる。夏競馬では多くの新馬がデビューし、それぞれの素質の片鱗を見せていた。

 秋開催になり来年のクラシックを目指して、より一層素質馬たちがデビューしてくる。これからもその馬たちに注目していきたい。

【9月7日(土) 中山芝2000m】

ブレッシングレイン(牡、父ディープインパクト母レインデート、美浦・木村哲也厩舎)

 昨年のセレクトセールに上場され、ノーザンファームが7000万円(税抜)で落札した。近親のライトオンキューは今夏のキーンランドC4着など短距離路線で活躍中だ。

 ゲート試験に合格後はノーザンファーム天栄で乗り込み、8月に入ってから帰厩。ここ2週は芝コースで追い切られ、気持ちの面をコントロールできるように様々なシチュエーションで稽古を積んでいる。

「まだ心身のバランスが伴っていないけど、走る気持ちが強いところはディープ産駒に特有のもの。先々のことも見据え、しっかりとしたフォームで走れるように課題を改善していきたい。距離的には長いところがいいと思います」と木村哲也調教師。

 鞍上はC.ルメール騎手を予定している。

ブリジャール(牡、父ブラックタイド母ボシンシェ、美浦・加藤征弘厩舎)

 異父兄にグレンツェント(レパードS東海S)がいる。こちらもゲート試験に合格後はノーザンファーム天栄で乗り込み、8月に入ってから帰厩した。

 古馬との併せ馬で順調に追い切りの本数を重ね、ひと追い毎に反応が良化。先週はしっかりと時計を詰めてきた。持久力型で芝にもダートにも対応できそうなイメージだ。

 鞍上は戸崎圭太騎手を予定している。

ポーラーサマー(牡、父キズナ母アークティックシルク、美浦・田中博康厩舎)

 異父姉にゴールデンナンバー(京都牝馬S2着)がいる。目立つ時計は出ていないが、坂路を中心に乗り込んできた。

「大型馬で切れる感じではないけど、スタミナがありそうなタイプ。まずは長めの距離から使ってみます。ひと追い毎に馬体も締まってきたし、競馬に行って良さそう。

 初戦からのタイプではないかもしれないけど、まだまだ変わってくると思います」と田中博康調教師。

 鞍上は田辺裕信騎手を予定している。

【9月8日(日) 中山芝1600m】

シャインガーネット(牝、父オルフェーヴル母ベルベットローブ、美浦・栗田徹厩舎)

 昨年のセレクトセールに上場され、取引価格は3456万円。異父兄にアドマイヤサガス(北海道スプリントC)がいる。先週の8月29日には坂路で4F51.6-37.6-24.5-12.3の好時計(この日の2歳馬では1番時計)をマークした。

「普段は辛口なジョッキー(田辺裕信騎手)も特に注文をつけなかったぐらいだし、いい動きをしている。ゲート試験に合格後はノーザンファーム天栄で乗り込んでもらったけど、だいぶ落ち着きが出てきた。

 体つきは小ぶりでもバランスのいい走りをするし、この感じなら初戦から楽しみ」と栗田徹調教師。

 鞍上は田辺裕信騎手を予定している。

(取材・文:竹之内元)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す