スマートフォン版へ

【セントウルS】イベリス馬体成長 角田師「本番は賞金的に…」いざG1へ全力投球

  • 2019年09月04日(水) 06時10分
 「セントウルS・G2」(8日、阪神)

 偉大な姉が果たせなかったG1制覇へ、イベリスが始動する。半姉は15、16年サマースプリントシリーズの覇者ベルカント。姉が当時、連覇したアイビスSD北九州記念(15年V)はパス。妹はNHKマイルC16着後をリフレッシュ休養に充てた。

 角田師は「体を成長させたいというのがあった。例えば小倉に行って、ここも使って本番というローテは厳しいからね」と意図を説明する。思惑通り、体はボリュームアップ。「少し大きくなっているし、体が増えているのは成長分。ここで勝てないと、本番は賞金的に出られない。初の古馬相手だし、しっかり仕上げていって、どうかだね」と試金石の一戦に位置づける。

 先月末の1週前追いでは、栗東坂路で4F51秒3と自己2番目の好時計。鋭い動きで、併せた僚馬に1馬身半先着した。高野助手は「馬の後ろで折り合いも良く、最後もしっかり動けた」と感触は上々だ。

 歴戦の古馬が相手だが、斤量差と自慢の快速を生かせれば、好勝負は可能。目標のスプリンターズS(29日・中山)に向け、勝利で自らの道を切り開く。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す