スマートフォン版へ

【セントウルS予想】 夏競馬の延長戦!? 秋競馬開幕の傾向がわかればバッチリ! “気象予想”の注目ポイントは野芝と酷暑/JRAレース展望

  • 2019年09月07日(土) 18時36分
 私は気象予報士という職業を生かし、季節馬激走予想を行っています。まずレース当日の気温を区分けし(※)、配当妙味のある季節馬を特定。さらにJRAの馬場発表をもとに馬場状態を解析、分類します。それらの独自情報を活用し、それぞれの気候・馬場に合った穴馬を抽出。ここでは、過去10年の気候成績から激走馬の傾向を分析。当日気候レベルを想定し、激走が期待できる馬を抽出しました。

(※)区分の仕方は12度未満の「寒」、12度以上18度未満の「涼」、18度以上25度未満の「暖」、25度以上30度未満の「暑」、30度以上を「酷暑」とした5段階

【気候成績から導き出された“季節馬”の条件とは?】

 まず、過去10年の勝ち馬と人気を見てみると、1番人気の連対率は80%と信頼度は高く、2番人気も5連対を挙げていますが、3番人気は連対なしで信頼度は低めです。

 激走馬は10年間で7頭ですが、2015年以降、毎年1頭は馬券に絡んでます。さらに「激走馬7頭中6頭が前走“野芝+暑・酷暑”タイプである」点は見逃せません。さらに、激走馬7頭中5頭が“暑・酷暑”で2勝を挙げています。

 例えば、昨年7番人気3着だったグレイトチャーターは前走が“酷暑”の北九州記念(小倉)で、“暑・酷暑成績”が[2・4・1・6]、一昨年6番人気2着だったラインミーティアは、前走が“暑”のアイビスSD(新潟)で“暑・酷暑成績”が[2・2・1・4]でした。

 以上の点を踏まえ、「前走“野芝+暑・酷暑”で出走の馬」、気候的に「“暑〜酷暑”で実績のある馬」については要注意です。(文=三宅誠)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す