スマートフォン版へ

【アスター賞レース後コメント】サクセッション C.ルメール騎手ら

  • 2019年09月07日(土) 16時01分
 中山9Rのアスター賞(2歳1勝クラス・芝1600m)は1番人気サクセッション(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒6(良)。1馬身半差の2着に3番人気ヴェスターヴァルト、さらに3/4馬身差の3着に5番人気ミャゴラーレが入った。

 サクセッションは美浦・国枝栄厩舎の2歳牡馬で、父キングカメハメハ母アディクティド(母の父Diktat)。通算成績は2戦2勝。

〜レース後のコメント〜
1着 サクセッション(C.ルメール騎手)
「距離はマイルがピッタリです。スピードがあるので前に行きましたが、馬の後ろでも大丈夫だと思います。ずっとスムーズに走っていましたし、最後までしっかりとしていました」

2着 ヴェスターヴァルト(M.デムーロ騎手)
「内で良いスタートが切れました。道中外から交わされましたが、前走は差して勝っているので、2番手でも大丈夫だと思いそのまま運びました。スムーズに走っていましたし、今日は勝った馬が強かったです」

7着 エヴァーガーデン(高橋祥泰調教師)
「マイルの距離に短縮してレースに臨みましたが、上手く流れに乗って対応できたと思います。ただ急にガス欠のようになってしまい、勢いがなくなってしまいました」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す