スマートフォン版へ

【セントライト記念】東の菊花賞トライアル、好走の条件とは/JRAレース展望

  • 2019年09月10日(火) 06時00分
 強豪が多く集まりやすい翌週の神戸新聞杯に比べると、セントライト記念菊花賞トライアルとしてやや下に見られがちではある。だが、2015年のキタサンブラック、2012年のフェノーメノ、2009年のナカヤマフェスタと、ここを足掛かりとして中・長距離のチャンピオン街道を歩んでいく馬も出ており、直近の菊花賞という大目標もさることながら、より先を見据えていく上でも重要なレースだと言えるだろう。

1.大型馬優勢

 新潟開催となった14年を除く過去9年の成績を馬体重別で見てみると、480kg以上だった馬が7勝しており複勝率も23.6%と上々なのに対し、479kg以下は2勝で複勝率14.5%。中山2200mはアップダウンの激しいタフなコースであり、小柄で非力なタイプは割り引いて考えるべきだろう。

2.中山・小回り実績

 ここ4年の勝ち馬の中で、ジェネラーレウーノディーマジェスティキタサンブラックは以前に中山の重賞を勝った経験があった。また、残りの一頭ミッキースワローも未勝利で同コースを勝っていた。2-3着の好走馬も過去に中山・小回りでの実績があった馬が多数。逆に、それがなかった昨年3番人気のギベオンは13着、15年1番人気のサトノラーゼンは7着に敗れている。

3.スピード勝負の傾向が強まる

 09-13年の平均上がり3Fタイムが36秒1なのに対し、15-18年は35秒2。明らかに上がりにスピードが求められるようになってきている。それによりレースの性質も変わってきていて、以前は道中後方から早めに動いていく競馬でも通用するケースもそれなりにあったが、現在はある程度前々で運ばないと届かない場合が多い。


 ザダルはデビュー以降3戦3勝と、まだ底を見せていない。また前走プリンシパルSは狭いところを割ってグンと伸びたように、瞬時に加速する脚力と精神面の強さが噛み合った強い内容だった。ここまで重賞戦線で戦ってきた同世代と比較しても能力は遜色なく、2勝している中山に変わるのも問題ない。ここでも好走を期待できるだろう。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す