スマートフォン版へ

【セントライト記念】アトミックフォース 菊へ勝負駆け「長距離路線へ」自信の陣営

  • 2019年09月11日(水) 06時01分
 「セントライト記念・G2」(16日、中山)

 何とか牡馬三冠最終戦へ送り出したい-。武藤師が「折り合いに全く問題ない馬。今後は長距離路線へ行きたいと思っているんだ」と期待するアトミックフォースで、菊花賞の切符獲りを虎視たんたんと狙っている。

 ダービー出走を目指したプリンシパルSは、直線で前をカットされる痛恨の不利がありながら、上がり2位タイの末脚で5着まで盛り返した。「あの時のレースを見ても脚力はある」。指揮官は素質を再認識したと言う。

 前走の信濃川特別は好位から伸びを欠き7着。それでも「雰囲気は良くなっているよ。前走で前めのポジションに行ったことが今回に生きるはず。開幕週は速い時計が出ていたし、ある程度の位置につけないとね」と反撃に意欲満々だ。

 前回の敗戦は、あくまで今回への“布石”と言わんばかり。陣営の自信度は決して低くはない。未来へ希望をつなげるためにも、まずは現時点で12分の8という抽選クリアが必須条件だ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す